レース展望・出場予定選手

SG
  • G1児島
    2/9(木)、10(金)
  • G1住之江
    2/9(木)〜11(土)
  • G1江戸川
    2/11(土)〜13(月)
  • G1若松
    2/12(日)、13(月)
協同組合 下関ふく連盟杯 争奪戦
2/9(木)・10(金)・11(土)・12(日)・13(月)
【本場開門】2/9(木)〜13(月) 14:00
新期も好リズムの土屋が中心!
近況も好ムードの土屋が優勝候補の最有力。榎はリズムアップへ気合戦。新期好調な濱本をはじめ、攻め活発な石田と富山、リズム上昇中の松井、古川らA2級勢が続く。
 A1級レーサーが2名のみと混戦ムードが漂う5日間シリーズだが、そのA1級2名も近況のリズムは対照的だ。土屋智則(群馬)は今期勝率7点ペースと快調に飛ばしており、11月桐生のG3企業杯でVゴール。12月大村のSGグランプリシリーズでは予選突破こそできなかったが、4走目以降はオール3連対と安定感あふれる走りを披露しており、一般戦のここは主力筆頭だ。
 一方の榎幸司(長崎)は勝率6点割れと不調ムード。6期連続でのA1級維持へ向けてペースアップが必要とあって、まずは実力上位のここが勝負所となりそう。
 近況好調なのは、今期ここまで勝率6点台後半をマークする濱本優一(大阪)。新期初戦の鳴門で優出して好スタートを決めると、12月若松では自身約2年ぶりとなる優勝も達成。この勢いなら一気に優勝まで突っ走ってもおかしくはない。石田政吾(福井)富山弘幸(大阪)のベテランコンビも元気いっぱいで、特に石田は当地通算勝率7点超えの水面巧者という点も頼もしい。両者とも現在のペースを守り切ればA1級復帰の可能性は十分にある。今期は快調な走りを見せている松井賢治(兵庫)古川健(広島)も上位争いは外さないだろう。
 ほかでは、津正月戦で優出の星野太郎(三重)と12月常滑で優出した浜野孝志(三重)の三重コンビに、12月児島優出の宮田龍馬(兵庫)のリズムが上向いており、いずれも好モーターを手にすれば侮れない存在だ。
3857
阿波勝哉(東京)
B1
UP