レース展望・出場予定選手

SG
  • 蒲郡
    12/28(水)
  • G1住之江
    12/28(水)〜31(土)
  • 大村
    12/29(木)〜31(土)
下関市議会議長杯争奪 クリスタルカップ お正月特選
12/28(水)・29(木)・30(金)・31(土)・1/1(日)・2(月)・3(火)
【本場開門】12/28(水)〜1/3(火) 14:00
実績断然の寺田祥が他を圧倒する
実力も水面実績も申し分ない寺田祥が当地正月戦連覇へ。前回大会のリベンジに燃える吉村と原田に、安定感ある柳生と森野も上位へ。地元勢を相手に赤坂は当地初Vを目指す。
 ディフェンディングチャンピオンの寺田祥(山口)が、2023年も当地で新春初笑いへ。当地は2020年8月のSGボートレースメモリアルを皮切りに今年2月戦まで5連続優勝を達成。その中には2022年2月のG1中国地区選手権も含まれており、水面実績は断トツだ。
 その寺田祥とともに前回大会では準優勝戦1号艇とシリーズを引っ張って優出した吉村正明(山口)原田篤志(山口)も、当然ながら優勝候補の一角といえる。ともに2度目の正月戦Vへ向けて、初日からパワー全開で臨む。
 地元では常に活発な走りを見せる柳生泰二(山口)森野正弘(山口)や、新期A2級降格で巻き返しに燃える武重雄介(山口)、前回大会では奮起の走りで優出した清水攻二(山口)、着実に地力を強化している井本昌也(山口)品川二千翔(山口)山崎祥(山口)らも活躍する可能性は十分にある。女子勢では、当地混合戦で優勝実績を持つ向井美鈴(山口)と将来性豊かな藤本紗弥香(山口)が楽しみな存在。寺田祥と寺田空詩(山口)は通算3度目の同時あっせん。今回こそ親子対決が実現するかどうかにも注目したい。
 遠征勢の筆頭は赤坂俊輔(長崎)。期またぎの尼崎企業杯を制した勢いのまま当地初Vをつかみ取るか。新期A1級復帰を決めて好調な山下和彦(広島)、地元勢を相手に今年のお盆戦で優出した西野翔太(広島)、年齢を感じさせない走りで新勝率6点台を残した島川光男(広島)ら広島勢も上位争いに食い込んでくる。
5106
山崎祥(山口)
B1
UP