レース展望・出場予定選手

SG
  • 唐津
    12/24(金)、25(土)
  • 蒲郡
    12/24(金)、25(土)
  • 丸亀
    12/26(日)
  • G1福岡
    12/26(日)〜29(水)
  • 大村
    12/27(月)
  • 若松
    12/28(火)、29(水)
ケーブルネット下関杯
12/24(金)・25(土)・26(日)・27(月)・28(火)・29(水)
【本場開門】12/24(金)〜29(水) 14:00
現役トップレーサーの桐生登場!
SGグランプリ直後の桐生が、海響ドリームナイターに登場。圧巻のパフォーマンスを見せる。田中と丸岡を擁する大阪勢が強力布陣。松村、中辻、赤坂らも優勝候補の一角だ。
 クリスマスイブに開幕する海響ドリームナイター。出場選手でひときわ異彩を放つのが桐生順平(埼玉)だ。今年ここまで自己最多となる年間8Vをマークしており、そのうち3回がG1タイトルだ。今節はSGグランプリ直後の開催とあって、自身2度目となるグランプリ制覇の栄誉を引っ提げて乗り込んでくるのか、全国ファンの注目が集まる。
 田中信一郎(大阪)丸岡正典(大阪)は、ともに記念Vこそ遠ざかっているが、実績は周知の通り。再び記念戦線での活躍を予感させるだけの走りを見せるか。
 攻撃的な走りは記念級の松村敏(福岡)とコース不問の走りで見せ場を作る中辻崇人(福岡)の福岡コンビに、今年5Vと決定力の高い赤坂俊輔(長崎)も、桐生を脅かす存在になる。
 堅実な立ち回りで上位に食い込む北村征嗣(大阪)濱本優一(大阪)、地力確かな森貴洋(大阪)原田秀弥(大阪)小坂宗司(大阪)ら大阪勢に実力者が多く、前出の田中、丸岡とともに優勝戦を独占する可能性は十分にある。
 ほかでは、当地4Vの実績が光る藤丸光一(福岡)、優勝歴はないが優出11回の竹上真司(岡山)、同じく優出9回の中島友和(佐賀)ら水面巧者がシリーズを盛り上げる。
 強力遠征勢を迎え撃つのは、地元の末永祐輝(山口)だ。来期はA2級からの再出発となるが、8月戦では優勝戦1号艇を獲得と、不調の中でも地元を走れば活発な攻めに期待ができる。
4174
赤坂俊輔(長崎)
A1
UP