レース展望・出場予定選手

SG
  • G3びわこ
    11/16(火)
  • G1丸亀
    11/16(火)〜19(金)
  • 11/17(水)〜22(月)
  • 住之江
    11/20(土)〜22(月)
スポニチ金杯争奪戦 準優進出バトル
11/16(火)・17(水)・18(木)・19(金)・20(土)・21(日)・22(月)
【本場開門】11/16(火)〜22(月) 14:00
全国でインパクトを残す菅が参戦!
大村ボートレースクラシックでのSG初出場へ意欲的な菅を筆頭に、ベテランから若手の攻撃派が集結。レース巧者の天野、飯島、重成らも優勝争いに名乗りを挙げる。末永は地元で奮起へ。
 近況は各地で強烈なインパクトを残している菅章哉(徳島)。8月の宮島で年間V5に到達したが、その内訳は3コースまくりが1回、4コースからのまくりとまくり差しが1回ずつ、そしてチルトを3度に跳ね上げての6コースまくりが2回だ。来年3月に大村で行われるボートレースクラシックでのSG初出場へ向けて、デビュー初優勝を飾った記念すべき水面で決定打を放つ。  菅以外にも攻撃派が集結。ベテラン屈指の速攻派として活躍中の三嶌誠司(香川)をはじめ、迫力のコーナー戦で上位着を奪う坂口周(三重)桐本康臣(三重)の三重コンビ、スリットから強気の攻めに出る山崎哲司(愛知)濱崎直矢(埼玉)らが、ロングシリーズを盛り上げる。地元の末永祐輝(山口)も、伸び足を重視して果敢に攻め立てる。攻め手の隣でさらに輝きを増す天野晶夫(愛知)飯島昌弘(埼玉)が、柔軟なレースさばきで上位へ。  高田明(佐賀)木村仁紀(滋賀)は現在A2級だが、2022年前期審査期間はA1級復帰へ好ペース。高田は7点勝率に迫る好調ぶりで、木村は10月の大村で自身2度目の優勝を決めるなど、ともに勢い良く乗り込んでくる。  9月の若松で1年半ぶりに実戦復帰を果たした重成一人(香川)にも注目が集まる。その復帰戦は序盤こそレース勘に不安もあったが、終盤に2連勝をマーク。続く三国では開幕3連勝を含めて5勝を挙げるなど、存在感を猛アピールした。今度はG1優勝歴を持つ得意水面で、復帰後初Vを目指す。
3444
香月大介(福岡)
B1
UP