レース展望・出場予定選手

SG
  • 若松
    10/29(金)
  • SG平和島
    10/29(金)〜31(日)
  • G3蒲郡
    10/30(土)〜11/4(木)
  • G3
    11/1(月)〜3(水)
  • G1三国
    11/4(木)
BTS山口あじすオープン10周年記念準優進出バトル
10/29(金)・30(土)・31(日)・11/1(月)・2(火)・3(水)・4(木)
【本場開門】10/29(金)〜11/4(木) 14:00
田村が格の違いを見せつける!
今年V3とペース上々の田村が、当地初制覇へ全力を尽くす。枝尾と島村は大村SGボートレースクラシックの出場権獲得に燃える。当地好相性の山本、仲谷、海野らも上位進出は外さない。
 3月の三国G1で自身1年4カ月ぶりの優勝を決めた田村隆信(徳島)。今年V3に乗せた7月の大村G3企業杯では代名詞ともいえる鮮やかな5コースまくり差しを披露するなど、各地でパワフルな走りを見せている。今節も鋭い決め手を放って当地初制覇を狙う。
 枝尾賢(福岡)島村隆幸(徳島)も勝率7点マークと近況好調で、今年V4と決定力も光る。さらに島村は当地前回戦で優勝しており、枝尾も前回優出と好相性。ともに大村SGボートレースクラシック出場の目安となる年間V5へ向けて気合も十分だ。水面攻略に自信を持つ山本隆幸(兵庫)仲谷颯仁(福岡)も有力な優勝候補。山本は今節と同じ7日間開催だった昨年の10月戦で優勝。一方の仲谷は当地は2連覇の実績があり、昨夏のSGボートレースメモリアルでは予選を突破している。海野康志郎(山口)も当然といえるが、当地を走れば常に優勝を争う。
 奈須啓太(福岡)長岡良也(兵庫)は、特別戦で猛アピールする近況が頼もしい。榎幸司(長崎)も今期Vを含む7優出と安定感あふれる走りを披露中だ。正木聖賢(広島)は勝率6点付近と不調で、巻き返しが必要だ。
 黒井達矢(埼玉)はF禍やケガによる出走不足で現在A2級だが、今期はここまで勝率7点台に迫る好調ぶり。9月の唐津で自身2度目の優勝を飾った小坂宗司(大阪)に、地力確かな長野壮志郎(福岡)の両者も、A1級復帰へ向けて好ペースだ。
4896
花本剛(山口)
B1
UP