レース展望・出場予定選手

SG
  • G1多摩川
    9/27(月)〜30(木)
  • 大村
    9/27(月)〜30(木)
オラレ下関オープン7周年記念山口新聞社杯
9/27(月)・28(火)・29(水)・30(木)・10/1(金)
【本場開門】9/27(月)〜10/1(金) 14:00
深川が海響ナイター初制覇へ!
今年も特別戦Vを決めた深川を筆頭に、変わらず好調をアピールする林、金子、平尾らベテラン勢がシリーズを盛り上げる。今年V2と復調著しい谷村は、久々の当地制覇へ。
 近況、実績上位の深川真二(佐賀)が中心。7月の尼崎G2を王道レースで制し、8月の鳴門では準優で力強い差しを決め優出するなど、各地で剛腕を発揮中だ。当地前回戦の6月戦もオール3連対で優勝戦に進出して準V。5月戦でも優出しており、今節は海響ドリームナイター初制覇への期待が高まる。
 林美憲(徳島)金子龍介(兵庫)平尾崇典(岡山)の3名は変わらず鋭い決め手があり、林は今年V3、金子と平尾も今年V2と常に優勝争いを演じている。特に金子は、4月のPG1マスターズチャンピオンで優出3着と当地でも存在感を猛アピール。一方の林と平尾は、マスターズチャンピオンこそ優出を逃したが、前々回はしっかりと優出。いずれも水面攻略に不安はない。
 松田大志郎(福岡)は2018年に優勝8回、昨年も優勝7回と決定力の高さが持ち味だが、今年はここまで優勝なしと不本意な走りが続く。その状況でも優出数を2桁に乗せているのは、安定した走りを見せている証拠だ。勢いづけば1着を量産するだけの攻撃力を持つ山口達也(岡山)に、鋭い自在戦で見せ場を作る和田兼輔(兵庫)青木玄太(滋賀)の100期コンビも、今年初Vへ向けて意欲を見せる。ほかでは、倉谷和信(大阪)野添貴裕(大阪)の大阪コンビに、丸尾義孝(徳島)長溝一生(佐賀)らは底力健在をアピールするか。
 これら強力遠征勢を迎え撃つのは、海響ドリームナイターの初代覇者・谷村一哉(山口)だ。4年ぶりの当地制覇へ全力を尽くす。
4434
田中辰彦(広島)
A2
UP