レース展望・出場予定選手

SG
  • 大村
    8/20(金)、21(土)
  • G3宮島
    8/20(金)〜24(火)
  • 若松
    8/22(日)、23(月)
  • SG蒲郡
    8/24(火)、25(水)
  • 芦屋
    8/25(水)
九州スポーツ杯争奪戦
8/20(金)・21(土)・22(日)・23(月)・24(火)・25(水)
【本場開門】8/20(金)〜25(水) 14:00
地元A1級の意地がある森野!
昨年の当地お盆戦を制した森野が、今度は地元の看板を背負って力走する。着実にキャリアを積む浜先、水面巧者の別府と丸尾、実績十分の中村ら遠征勢も虎視眈々とV獲りへ。
 6月びわこで今年初Vと好ムードで乗り込んでくる森野正弘(山口)が、地元ファンの期待に応える一戦だ。当地は昨年のお盆戦を圧巻の5コースまくりで制しており、今節は当地3度目の優勝へ向けて全力を尽くす。
 近況リズムでは、A1級初昇格で勢いづく浜先真範(広島)も優勝候補に名前が挙がる。5月に唐津と芦屋で連続優出を果たすと、6月福岡では自身3度目の優勝を決めるなど、各地で好調ぶりを猛アピール中だ。
 別府昌樹(広島)丸尾義孝(徳島)は当地成績が優秀で、ともに3度の優勝歴を持つが、近況成績は対照的。別府は4月丸亀で自身3年ぶりの優勝を決めると、6期ぶりとなるA1級復帰も果たして上り調子。一方の丸尾はA1級キープこそ決めたが、今期勝率は6点割れと精彩を欠くだけに、実績水面でリズムアップを図りたい。同じ徳島勢の一宮稔弘(徳島)もやや不調な近況だったが、6月鳴門で今年初Vを達成。こちらは既に反撃を開始している。A1級復帰で意気盛んな眞田英二(徳島)も、優勝争いに割って入る。
 活発な攻めで上位着を奪う長溝一生(佐賀)、スピード旋回で追い上げの利く清水敦揮(岡山)、地元水面で巻き返しに燃える森永隆(山口)らにも警戒したい。
4263
武重雄介(山口)
B1
UP