レース展望・出場予定選手

SG
  • G1浜名湖
    8/6(金)〜9(月)
  • G3住之江
    8/6(金)〜9(月)
  • 大村
    8/10(火)、11(水)
  • 宮島
    8/10(火)〜12(木)
  • 若松
    8/12(木)
Hayashikane杯 お盆特選
8/6(金)・7(土)・8(日)・9(月)・10(火)・11(水)・12(木)
【本場開門】8/6(金)〜12(木) 14:00
白井が海響ドリームナイターV10へ!
今年も年末決戦へ向けて順調な白井が、当地のお盆戦初Vへ。里帰り戦にめっぽう強い海野が対抗格。近況絶好調の山崎、水面相性のよい岡田の大阪コンビが襲い掛かる。
 8月最初のシリーズは、地元のスター選手が集結する里帰り戦。なかでも異彩を放つのが白井英治(山口)だ。5月若松のオールスターと6月児島のグランドチャンピオンの両SGで連続優出と、今年もトップ戦線で存在感を示す。当地実績も、もはや説明は不要だろう。誰が相手でも優勝のみを目指してばく進する。
 当地里帰り戦の成績が出色なのは海野康志郎(山口)。優勝した2018年のGW戦を皮切りに、前回GW戦まで目下9連続優出中で、そのうち2回の優勝を誇る。GW戦での優勝歴を持つ大峯豊(山口)と、正月戦での優勝実績がある竹田辰也(山口)の92期コンビに、A1級初昇格でモチベーションが高い末永祐輝(山口)も優勝候補の一角だ。
 地元勢がシリーズを引っ張るのは間違いないが、遠征勢も実力者がそろっている。山崎郡(大阪)は今年V5と自己最高を更新しており、そのうち4回が今期開始からわずか2カ月でのもの。前回戦に続く当地2連覇を決めて、来年3月の大村SGクラシックの出場権を引き寄せる。同じ大阪勢の岡田憲行(大阪)は当地実績が優秀。海響ドリームナイターは8戦中5優出V1と、相手関係なしの活躍を見せている。
 青木玄太(滋賀)は3月の浜名湖周年で2度目のG1優出を果たし、期が替わってからも各地で優出ラッシュと好ムードだ。麻生慎介(広島)西野翔太(広島)はパワフルな攻めで上位争いに食い込む。
5083
柳瀬幹太(山口)
B1
UP