レース展望・出場予定選手

G3
  • SG芦屋
    7/25(日)
  • 若松
    7/25(日)〜27(火)
  • 常滑
    7/26(月)
  • G2尼崎
    7/27(火)〜30(金)
  • 丸亀
    7/28(水)〜30(金)
G3オールレディースジュエルセブンカップ
7/25(日)・26(月)・27(火)・28(水)・29(木)・30(金)
【本場開門】7/25(日)〜30(金) 14:00
大山が当地全女子戦の3連覇へ!
完全復活を目指す大山と田口をはじめ、近況好調な浜田、渡邉、中村、松尾、実績十分の海野と長嶋ら、G1浜名湖レディースチャンピオン出場組がリズムアップへ向けて下関水面で激突する。
 女子選手にとって真夏の大一番となる浜名湖G1レディースチャンピオンを直前に控える16名は、いずれもリズムを整える重要な一戦に。そのレディースチャンピオンでも優勝候補の最右翼として注目される大山千広(福岡)が、今大会も格の違いを見せつける。当地の全女子戦は目下2連覇中と相性抜群。自身1年ぶりの優勝を決めてリズムを最高潮に持っていく。
 田口節子(岡山)は新期初戦の5月宮島での優出を皮切りに、続く児島の男女W優勝戦でも優出。さらに、戸田のG3オールレディースでは2コースまくりで今年初Vを決めるなど、こちらはすでに上り調子といえる。
 近況の勢いでは、A1級復帰を決めて勢いづく浜田亜理沙(埼玉)渡邉優美(福岡)中村桃佳(香川)の3名に、A1級初昇格で意気も上がる松尾夏海(香川)にも注目。対照的に、海野ゆかり(広島)長嶋万記(静岡)は、実力を考えれば近況リズムは良いとは言えないが、底力があるのは周知の事実。復調のキッカケさえつかめば一気に爆発する可能性も十分にある。
 ほかでは、実績十分の谷川里江(愛知)をはじめ、倉田郁美(静岡)永井聖美(東京)向井美鈴(山口)津田裕絵(山口)水野望美(愛知)土屋実沙希(静岡)らもレディースチャンピオンに出場するとあって、リズムアップに燃える。特に向井と津田の地元コンビは、レディースチャンピオンはもちろん、地元ファンの期待にも応えたいところだ。
4642
松尾夏海(香川)
A1
UP