レース展望・出場予定選手

SG
  • 大村
    4/30(金)
  • びわこ
    4/30(金)〜5/4(火)
  • 蒲郡
    5/1(土)
  • 若松
    5/2(日)、3(月)
  • 丸亀
    5/4(火)
日本モーターボート選手会会長杯 GW特選
4/30(金)・5/1(土)・2(日)・3(月)・4(火)
【本場開門】4/30(金)〜5/4(火) 14:00
地元SG覇者の寺田が意地見せる
SGメモリアルを含めて昨年当地V3の寺田が、今年も地元水面で存在感を示す。当地ドル箱の馬場が襲い掛かる。当地里帰り戦で輝きを放つ海野が、SG覇者コンビに挑む。
 寺田祥(山口)は昨夏の当地メモリアルで2度目のSG制覇を達成し、その勢いのまま12月若松PG1BBCトーナメントでも優勝。平和島SGグランプリでは準優勝を果たすなど充実の1年に。今年も徳山正月戦で優勝スタートと好リズムを刻む。次走には徳山G1周年、そして大得意の若松で行われるSGオールスターを控えており、さらにギアを上げる。
 今年のGW戦には滋賀支部から最強の刺客・馬場貴也(滋賀)が参戦。2月に三国G1地区選で初の近畿チャンプに輝き、こちらも近況は好ムード。さらに当地海響ドリームナイターは8戦中7優出V2と相性も抜群だ。
 当地の里帰り戦で抜群の成績を残しているのが海野康志郎(山口)だ。優勝した2018年GW戦から目下8連続優出中で、今年の正月戦でも優勝。地元水面が舞台なら寺田と馬場のSG覇者コンビにも負けない。昨年V6と本格化した大峯豊(山口)と昨年の正月戦覇者・竹田辰也(山口)の92期コンビや、2年連続GW戦で優出中の谷村一哉(山口)、地元初Vへ気合の入る森永隆(山口)らも上位の一角だ。
 白石健(兵庫)は昨秋戦で当地初制覇を決め、しかも海響ドリームナイターは3戦すべてで優出中。水面攻略の自信度は地元勢にも引けを取らない。3月に児島Vで勢いを増す谷川祐一(滋賀)、各地で攻撃的な攻めが冴える小坂尚哉(兵庫)、俊敏戦で見せ場を作る尾嶋一広(兵庫)らも侮れない。
2930
新良一規(山口)
B1
UP