レース展望・出場予定選手

G3
  • G1びわこ
    8/3(月)、4(火)
  • 住之江
    8/3(月)、4(火)
  • 蒲郡
    8/5(水)〜8(土)
  • G1多摩川
    8/5(水)〜8(土)
G3長府製作所杯
8/3(月)・4(火)・5(水)・6(木)・7(金)・8(土)
【本場開門】8/3(月)〜8(土) 14:00
地元エース・白井が他を圧倒する
白井が当地SGメモリアルに向けてペースを上げる。地力上位の前本と近況充実の上平を擁する広島支部勢が追撃へ。山口達と渡邉和の岡山支部コンビも上位争いに食い込む。
 下関水面が舞台なら、地元エースの白井英治(山口)には逆らえない。今年はここまで優勝5回を数えるが、そのうち3度が当地でのもの。また、一般戦に限れば目下4連続優勝中で、しかも48走連続で3連対中と圧巻のパフォーマンスを披露している。今節も他を圧倒する走りを見せつけて、月末の当地SGメモリアルへ弾みをつける。
 前本泰和(広島)も当地SGメモリアルに出場予定だ。近況は各地で優出ラッシュと存在感を放っており、4月のG2戸田では優勝を決めている。さらに当地実績も申し分なく、G1含む優勝8回を誇る。当地3連覇を決めて勢いを加速させる。
 同じ広島勢では、上平真二(広島)の好調ぶりも見逃せない。今年の勝率は8点台をマークし、6月までに出場した16戦のうち実に14戦で優出。そこには2月のG1宮島地区選と4月津でのG1マスターズチャンピオンも含まれており、まさに充実の一途だ。ほかにも、5月G1徳山で優出と好調な山口剛(広島)、スリット攻勢に破壊力ある島川光男(広島)、アウトでも器用に抜け出す山下和彦(広島)らがおり、広島支部勢が脅威となりそう。
 前回優出した山口達也(岡山)渡邉和将(岡山)の岡山支部コンビも、優勝争いに名乗りを挙げる。ともに攻撃力が売りで、モーター上位なら1着を並べてもおかしくはない。当地V2実績の齊藤仁(東京)も優勝候補の1人だ。ほかでは、白井と同じく地元水面で負けられない大峯豊(山口)海野康志郎(山口)柳生泰二(山口)の3名の、気迫あふれる走りに期待する。
4324
海野康志郎(山口)
A1
UP