レース展望・出場予定選手

SG
COME ON! FM CUP
6/16(火)・17(水)・18(木)・19(金)
【本場開門】6/16(火)〜19(金) --:--
SG覇者集結の注目シリーズ!
昨年のグランプリ覇者・石野が、全24場制覇へ気迫戦。同じく下関初Vを狙う篠崎や、当地G1優勝歴ある松井と深川、さらに近況好調な馬場、上野らが激戦を繰り広げる。
 次走に宮島SGグラチャンを控える選手が6名も参戦し、超豪華な顔ぶれに。なかでも注目が集まるのが、全24場制覇が懸かる石野貴之(大阪)だ。デビュー18年2カ月目での達成は最速記録となりそうで、全国ファン注目の的になるのは間違いない。
 全24場制覇関連では、篠崎元志(福岡)が江戸川、鳴門、徳山、下関の4場を残している。昨年同時期の一般戦では1号艇ながら優勝を逃しているだけに、今回は雪辱を果たして全場制覇に近づくか。
 当地実績でリードするのは、G1優勝3回を誇る松井繁(大阪)だ。抜群の水面相性に加えて、今年は既にG1優出4回とリズムも上々。グランプリ復帰に向けて、さらにペースアップを図る。深川真二(佐賀)も当地G1優勝歴がある。こちらも近況は好リズムを刻んでおり、一般戦では優出を外さない安定感が光る。4月当地G1で優出したばかりの馬場貴也(滋賀)も有力な優勝候補だ。
 近況成績は上野真之介(佐賀)が出色で、新勝率では出場選手トップに立つ。さらに今年の優出数は2桁に乗せており、そのなかにはG1唐津地区選と戸田G2も含まれている。勢いそのままに優勝まで突っ走るか。
 ほかでは、豪快攻めが冴える山口剛(広島)、4月に桐生と三国で連続Vを決めて好調な原田秀弥(大阪)、地元で気合の入る竹田辰也(山口)らも侮れない。
3912
川原正明(福井)
A2
UP