レース展望・出場予定選手

SG
  • G3江戸川
    1/20(月)
  • G1若松
    1/20(月)〜22(水)
  • 多摩川
    1/21(火)、22(水)
  • G1唐津
    1/23(木)、24(金)
  • G3丸亀
    1/23(木)、24(金)
スポーツ報知杯
1/20(月)・21(火)・22(水)・23(木)・24(金)
【本場開門】1/20(月)〜24(金) 14:00
絶好調・山口達也の走りに注目!
自身の年間V数を更新した山口達が、ここでも他を圧倒するか。昨年混合戦V2の平高が襲い掛かる。若手勢は勢いに乗って上位撃破へ。安心感ある中堅、ベテラン勢も侮れない。
 山口達也(岡山)は2013年児島G2から毎年のように特別戦で優出してきたが、昨年は優出なし。そのうっ憤を晴らすかのように、11月児島で年間V数を「8」に乗せて自己記録を更新した。特別戦初Vへの下地はできており、今年は再びトップ戦線での活躍が期待される。
 平高奈菜(香川)は桐生G2レディースチャレンジカップ優出で完全復調をアピール。そのキッカケとなったのが7月当地ヴィーナスシリーズでの優勝だ。男子が相手でも一歩も引かない強い気持ちがあり、10月丸亀と11月常滑の連続優勝はともに混合戦という点が頼もしい。
 メキメキと力をつける若手勢が、上位陣に挑む。村松修二(広島)はG1戦線に定着しつつあり、一般戦なら地力上位は明白だろう。吉田裕平(愛知)はF2ながら予選トップ通過を果たした三国G1ヤングダービーで名前を猛アピールした。A1級初昇格の佐藤隆太郎(東京)、初優勝を経験してひと回り大きく成長した中村晃朋(香川)の両者も、地元圏では売り出し中。いずれも今年は全国的に注目したい選手たちだ。
 ほかでは、渡辺真至(愛知)赤羽克也(埼玉)が持ち前の堅実戦で上位に食い込む。野長瀬正孝(静岡)木村光宏(香川)西野翔太(広島)村岡賢人(岡山)らはA2級に降格したが、リズムを立て直せば侮れない存在に。
 地元勢では、ドリームに選出された大賀広幸(山口)に期待が懸かる。11月に若松と福岡で優出してリズム上昇中だ。
4644
山田亮太(東京)
A2
UP