レース展望・出場予定選手

SG
  • 平和島
    4/15(月)
  • G3住之江
    4/15(月)〜19(金)
  • G1宮島
    4/16(火)〜20(土)
  • G3大村
    4/20(土)
九州スポーツ杯争奪戦
4/15(月)・16(火)・17(水)・18(木)・19(金)・20(土)
【本場開門】4/15(月)〜20(土) 14:00
実績上位の菊地、赤岩が豪華競演
浜名湖地区選を制した菊地、今年既に2優勝の赤岩がハイレベルな優勝争いを演じる。近況好調の山田や渡邉、G1優出と勢いある谷野、成長著しい上田らが果敢に攻め込む。
 同時期に宮島でG1マスターズチャンピオンが開催されていることもあり、出場メンバーは豪華な顔ぶれ。中でも、トップ戦線で活躍する菊地孝平(静岡)赤岩善生(愛知)がシリーズの2強を形成する。高いレベルの走りが続く菊地は、2016年から3年連続でSGグランプリ優出。しかし、昨年はデビュー初優勝を飾った2001年以来、初めて優勝0回と消化不良に終わった。この不本意な結果に奮起し、2月の浜名湖地区選で自身2年ぶりのG1優勝と底力をアピールしている。
 一方、赤岩の昨年は菊地と対照的でG1、G2を含む年間V7と優勝を量産した。今年も1月多摩川3Daysで自身10回目となる完全Vを達成し、2月若松でも優勝と快調に飛ばす。当地もV5実績にG1優出歴があり、一般戦では2連続優勝中と圧巻の走り。2009年には完全V歴もある。
 メキメキと力をつける山田祐也(徳島)渡邉和将(岡山)ら若手勢も楽しみ。前回戦となる今年1月の当地ルーキーシリーズを2コースまくりで制した山田は、同月に江戸川でも優勝と好ペース。近況は攻撃的なレースが冴える渡邉も、各地で優出の連続だ。ほかにも、今年の各地区選で優出した谷野錬志(静岡)和田兼輔(兵庫)の両者に、共に当地は2連続優出中の塩田北斗(福岡)北山康介(東京)、さらには当地初参戦の昨年8月戦で優勝した上田龍星(大阪)も侮れない。
 前出の和田や塩田に、牧宏次(東京)山本修一(岡山)らはA1級継続が懸かるだけに力の入る一戦だ。
4566
塩田北斗(福岡)
A1
UP