レース展望・出場予定選手

SG
  • G1浜名湖
    12/2(日)〜4(火)
  • G3丸亀
    12/2(日)〜4(火)
  • 蒲郡
    12/5(水)
  • G1三国
    12/5(水)〜8(土)
  • 大村
    12/6(木)〜8(土)
日本財団会長杯争奪準優進出バトル
12/2(日)・3(月)・4(火)・5(水)・6(木)・7(金)・8(土)
【本場開門】12/2(日)〜8(土) 14:00
当地巧者の前本が断トツのV候補
当地G1覇者の前本が優勝戦線を引っ張る。中岡がSGクラシックの出場権獲りへ気合戦。中村、永田、関口、奈須も優勝争いに参戦する。ブレイク中の宮之原も注目の存在だ。
 今年のG1・2優勝の前本泰和(広島)が登場して注目を集める。4月に行われた唐津G1の優勝戦のフライングで現在は一般戦回りが続くが、9月の宮島一般戦で今年5回目の優勝を決めるなど、各地で圧倒的な存在感を放っている。また、当地はG1優勝を含めて優勝6回と実績も上位で、優勝の大本命となるのは間違いない。
 中岡正彦(香川)永田啓二(福岡)も当地は優勝実績がある。今年4優勝の中岡は、来年に戸田で行われるSGクラシックの出場権獲りが懸かる。ここで優勝を決めれば大きく前進するだけに、重要な一戦となる。近況はやや停滞気味の永田も、初優勝を飾ったメモリアル水面で悪い流れを断ち切るか。
 中村亮太(長崎)は2019年前期審査期間でのフライング2本の影響は気になるが、元々はスタート勝負よりも旋回力で勝負するタイプだけに心配はない。コース不問のシャープな走りで優勝争いに参戦する。爆発力がある関口智久(埼玉)奈須啓太(福岡)三浦敬太(東京)も勢いがつけば楽しみだ。
 近況の充実度なら、宮之原輝紀(東京)が面白い。来年1月から初のA1級昇格を決めており、8月の平和島お盆戦で優勝するなどブレイク中だ。藤田靖弘(静岡)荒井翔伍(東京)小坂宗司(大阪)もA1級昇格を決めた勢いそのままに、スピードあふれるレースで上位争いに食い込む。
4886
入海馨(岡山)
B1
UP