レース展望・出場予定選手

SG
  • 宮島
    9/8(土)
  • G1桐生
    9/8(土)〜11(火)
  • 鳴門
    9/9(日)、10(月)
  • 浜名湖
    9/11(火)
  • G3若松
    9/12(水)、13(木)
  • G1びわこ
    9/12(水)、13(木)
住信SBIネット銀行賞
9/8(土)・9(日)・10(月)・11(火)・12(水)・13(木)
【本場開門】9/8(土)〜13(木) 14:00
平本が地力の違いを見せつける!
高いレベルの走りを続ける平本が大本命だ。秋元、安河内はG1ヤングダービーへ向けてリズムアップを図る。当地好相性の中辻、古澤も、優勝争いに名乗りを挙げる。
 SGで優勝2回、G1で優勝3回の平本真之(愛知)が圧倒的な存在感を放つ。G1東海地区選優勝戦でのフライングのペナルティにより一般戦回りが続いているが、合間の尼崎SGオールスターで優出するなどレベルの高い走りに変わりはない。7月の常滑G3戦で今年初優勝も飾っており、SG仕込みの旋回力で優勝争いをリードする。
 浜名湖のG1ヤングダービーを控える秋元哲(埼玉)安河内将(佐賀)が、打倒・平本に燃える。秋元は1着量産中と好調で、6月の津G3イースタンヤングは4コースまくりで今年3回目の優勝を決めた。当地ナイターは初めてで水面慣れは必要だが、近況の好調度なら活躍が期待できる。安河内は7月の芦屋一般戦で今年8回目の優出と安定感が光る。コース不問のシャープな攻めで、上位争いに進出する。
 中辻博訓(福井)は6月多摩川、古澤光紀(福岡)は6月芦屋で優勝、さらに中辻は当地も連続優出中と好走が続く。浜野孝志(三重)は近年の課題だった夏場を乗り切り、今年は好調を維持している。近況下降線の泥谷一毅(大阪)三好勇人(香川)もA1ランカーの意地を見せたい。一方、現在A2級の西村勝(埼玉)は復調気配がある。7月尼崎で全場制覇を達成した北川幸典(広島)も、強気のスリット攻勢は健在だ。
 女子は向井美鈴(山口)が、地の利を生かして力走する。新田芳美(徳島)岸恵子(徳島)の一発も警戒したい。
4017
向井美鈴(山口)
A1
UP