レース展望・出場予定選手

SG
  • G1尼崎
    7/28(土)、29(日)
  • 若松
    7/28(土)〜30(月)
  • 浜名湖
    7/30(月)
  • 7/31(火)
  • G1桐生
    7/31(火)〜8/2(木)
  • 児島
    8/1(水)
  • 宮島
    8/2(木)
オラレ下関 オープン4周年 記念 山口新聞社杯
7/28(土)・29(日)・30(月)・31(火)・8/1(水)・2(木)
【本場開門】7/28(土)〜8/2(木) 14:00
SGグランプリ覇者の桐生が中心!
実績断トツの桐生が、他を圧倒して当地初優勝を狙う。SG覇者の山口、ダービー勝負駆けの鳥飼、水面相性が良い中岡、村田が次位グループ。清水が地元総大将として迎え撃つ。
 昨年のSGグランプリ覇者の桐生順平(埼玉)が、F休み明け初戦でも圧倒的な存在感を放つ。6月の徳山SGグランドチャンピオンでは準優6コースから1着獲りで優出に成功し、当地水面でも昨年11月のSGチャレンジカップで優出歴がある。4月・唐津G1での準優Fのペナルティにより今節以降は一般戦が主戦場になるが、5年連続グランプリ出場へ一般戦でも気を緩めない。
 もう一人のSG覇者・山口剛(広島)を対抗格に推す。今年は宮島の正月戦、若松の一般戦で連続優勝と幸先の良いスタートを切り、2月・児島のG1中国地区選で優出した。5月の江戸川一般戦で新期早々にF持ちとなったが、その後も各地の一般戦で優出するなど勢いは落ちていない。鳥飼眞(福岡)は蒲郡SGダービー出場へ最後の勝負駆け。選考期間の勝率は7.16(6/27時点)で、予選最終日までは何としてでも勝率を上げたい。
 当地水面との相性でリードするのは中岡正彦(香川)村田修次(東京)で、共に優勝2回の実績がある。特に通算勝率では参加選手の中で中岡がトップに立っている。木村光宏(香川)は2期連続でA2級と調子を落としているが、当地は11優出4優勝と自信を持つ水面だ。近況好調の鈴木勝博(愛知)岡田憲行(大阪)、一発力がある大橋純一郎(静岡)益田啓司(福岡)も実績のあるモーターを引けば、一気に優勝候補に名乗りを挙げる。
 地元勢では清水攻二(山口)小林一樹(山口)が、走り慣れた強みを生かして強力遠征勢に立ち向かう。
4600
井内将太郎(広島)
A2
UP