レース展望・出場予定選手

SG
  • 蒲郡
    4/24(火)、25(水)
  • G3三国
    4/24(火)、25(水)
  • 4/26(木)
  • 若松
    4/26(木)
  • 戸田
    4/27(金)
  • 住之江
    4/27(金)、28(土)
  • G3びわこ
    4/28(土)
BOAT Boyカップ
4/24(火)・25(水)・26(木)・27(金)・28(土)
【本場開門】4/24(火)〜28(土) 14:00
岡崎が当地連覇を狙って登場!
SGクラシックで活躍した岡崎が連覇へ照準。篠崎、中辻とともに福岡支部の層の厚さを見せつける。岡田も手堅くまとめるスタイルで善戦。三好も2期連続のA1級へ気合だ!
 キラ星のごとくスターを輩出し、今やボート界の最強支部と言われる福岡支部が「海響ドリームナイター」で層の厚さを存分に見せつけるシリーズ。主役を張るのは岡崎恭裕(福岡)だ。3月の浜名湖SGクラシックではスーパーエース機と呼ばれる47号機に乗って、シリーズを大いに沸かせた。2月当地戦では恵まれでの優勝と、やや後味の悪さが残る結果だっただけに、当地連覇で心に残ったわだかまりを払拭する。
 昨年のSGグランプリ出場選手でもある篠崎仁志(福岡)が最大級のライバルだ。今年の始めはなかなか調子が上がらなかったが、3月福岡で優勝を飾って軌道修正に成功した。自身が掲げている大きな目標でもある3年連続のグランプリ出場へ、さらなるペースアップを図りたい。中辻崇人(福岡)も有力な優勝候補に挙がる。1月多摩川ではオール3連対で優勝と、6回の優勝を記録した去年同様の勝負強さを発揮している。前回1月は優出2着と当地水面相性も問題ない。3月蒲郡で優勝と勢いのある岡田憲行(大阪)も上位進出を狙って手堅くまとめてくる。
 現モーターは使用開始(2018年2月〜)から日が浅く、相場がハッキリとはしていない。武田光史(福井)濱村芳宏(徳島)ら調整巧者には必ず有利に働く。2期連続のA1級キープへ気合の入る三好勇人(香川)、昨年のG1ヤングダービーでは優出と素質の片鱗を見せた片橋幸貴(滋賀)の突破力も侮れない。
3876
中辻崇人(福岡)
A1
UP