レース展望・出場予定選手

SG
  • G2唐津
    2/24(土)〜26(月)
  • G3蒲郡
    2/24(土)〜28(水)
  • G1戸田
    2/27(火)、28(水)
週刊実話杯
2/24(土)・25(日)・26(月)・27(火)・28(水)
【本場開門】2/24(土)〜28(水) 14:00
岡崎がSG級の力を見せつける!
昨年は自己最多の優勝7回をマークした中村も有力な優勝候補だ。1月大村で優勝と幸先いいスタートを決めた今井、当地優勝2回の実績が光る野添も上位争いを演じる。
 2018年最初のSG・浜名湖クラシックを控える岡崎恭裕(福岡)中村亮太(長崎)が「海響ドリームナイター」を盛り上げる。昨年の岡崎は3月江戸川でG1初優勝、住之江SGグランプリを除くすべてのSGに出場して鳴門SGグランドチャンピオンでは優出と1年を通じて活躍した。間違いなくボート界トップランカーの1人だ。11月の当地SGチャレンジカップでも準優進出しており、最高レベルの技とスピードを駆使して、2回目の当地優勝へ突き進む。
 中村亮太が岡崎の最大のライバルだ。モーターの調整力も高く、昨年は優勝7回と勝負所での強さが光った。前回GW戦では地元の白井英治、寺田祥と熱戦を繰り広げて優出3着と、当地実績も悪くない。
 今井貴士(福岡)は1月大村で優勝して幸先の良いスタートを切った。当地は3連続優出中、優勝1回と水面相性は抜群。ペースをつかめば岡崎、中村の間に割って入ることも可能だ。塩田北斗(福岡)杉田篤光(静岡)の攻撃派も上位争いに加わる。当地優勝2回を誇る野添貴裕(大阪)や、中谷朋子(兵庫)など当地巧者の多い近畿勢にも注目だ。地元の江本真治(山口)は誰よりも水面を知っている強みを生かしたい。
4070
中村亮太(長崎)
A1
UP