レース展望・出場予定選手

SG
  • 若松
    12/28(木)〜30(土)
  • G1大村
    12/28(木)〜31(日)
  • 蒲郡
    12/31(日)
協同組合下関ふく連盟杯争奪 お正月特選
12/28(木)・29(金)・30(土)・31(日)・1/1(月)・2(火)
【本場開門】12/28(木)〜1/2(火) 14:00
頂点へ!白井の2018年がスタート
当地通算9回目の優勝を目指す谷村に、「センスの塊」と呼ばれる海野が白井を追う。パワーを引き出して押し切る原田、攻撃派レーサー・柳生も黙ってはいない。
 「海響ドリームナイター」となって初の正月シリーズは近隣地区の選手が集まって盛り上がる。実績、モーター調整手腕、旋回力とどれ一つとっても他の追随を許さない白井英治(山口)が絶対的な主役として君臨する。SGチャレンジカップでは準優進出で終わってしまったが、9月の当地G1周年は圧倒的な強さで優勝。パーフェクト優勝すら視野に入れたワンマンショーにファンの視線が集まる。
 当地通算9回目の優勝を狙う谷村一哉(山口)が対抗格。どちらかと言えば、さばき勝負のコーナー派だが、2016年に徳山G1周年、G1中国地区選手権を連勝したパンチ力は鮮烈に覚えている。センスの塊と呼ばれている海野康志郎(山口)も黙ってはいない。常に体重面で苦労しているが、そのハンデを補って余りある旋回スピードが魅力だ。パワーを引き出して押し切る走りが得意な原田篤志(山口)と、10月徳山で今年初優勝を果たし、調子を上げてきた柳生泰二(山口)もまくり主体の攻撃的なレースで上位争いに加わるだろう。長尾章平(山口)もA1級に復帰した晴れ姿をファンの前でお披露目したい。
 遠征陣では山室展弘(岡山)山地正樹(岡山)らクセ者コンビが大暴れ。メキメキと力をつけている村松修二(広島)、近況好調な正木聖賢(広島)ら広島勢も黙ってはいない。正木は11月にフライングをして早いスタートは封印中。的確な走りで予選を勝ち上がる。
3897
白井英治(山口)
A1
UP